コンビニの夜勤バイトの実態とは?

今や街中の至るところにあるコンビニ。毎日使ってる!という人も多いのではないでしょうか。なんでも売っていて便利ですし、なんといっても24時間いつでも買い物できるのが大きいですよね。そんなコンビにですが、入り口によく、「バイト募集!」の紙が貼ってあるのを見かけますよね。家からも近いですし、冬でも暖かいですから、働くには便利な環境といえます。特に時給の良い夜勤のバイトは魅力的にみえますよね。では、その実態はどのようなものなのでしょう?

仕事内容は品出しがメイン!

コンビニでは、毎日数回にわたって商品が納入されます。おにぎりやサンドウィッチなどの食品は賞味期限が短いですから、当然その頻度も増えますよね。コンビにでは、それらの商品は主に明け方に納入されています。当然、それらの品物を並べるのは夜勤の仕事となります。場所によってはかなりの数が納品されますから、結構な忙しさになることも。当然そのあいだにも来客はありますから、レジ対応もしなければなりません。夜勤だからといって、忙しくないかというと、なかなかそうとはいえないようです。

コンビニの夜勤は時給に見合うか?

夜勤の仕事は、法律上夜勤加算が義務付けられていますから、日勤帯の仕事より高めの給料が設定されています。夜勤のある仕事は他にもたくさんありますが、コンビニの夜勤は比較的ハードルの低い職業だといえます。体力もスキルもないけどお金を稼ぎたい!と思っている人にとっては、やりやすい仕事ではないでしょうか。一方で、介護職や工事現場などの夜勤仕事に較べると、賃金はどうしても低くなりがちです。自分の身体と相談しながら選ぶとよいでしょう。

コンビニのバイトは、フリーターにとっておすすめのバイトです。早朝から深夜まで、都合に合わせてシフトに入ることができますから、プライベートの優先や掛け持ちも可能です。

徹底調査!コンビニの夜勤バイトって儲かるの?

Post navigation